お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|70代女性 知覚過敏の痛みを抑えながら前歯の歯石と着色を取り除いた症例

なかむら歯科

お電話でのご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

月火水金土:9:00〜18:00

症例

70代女性 知覚過敏の痛みを抑えながら前歯の歯石と着色を取り除いた症例…… [2024年02月16日]

                 

治療前 治療後 患者 20代男性 主訴 「前歯の裏側の着色が最近気になっている」とご相談いただきました。 診断 拝見したところ、上下前歯全体の裏側が茶色くなっており、着色が認められました。 患者様に食生活について詳しくお伺いすると「コロナ禍のためここ数年外出する機会が減り、家でコーヒーや紅茶を飲む頻度が増えた」とお話しいただけました。 そのため、今回の着色の原因はコーヒーや紅茶に含まれる色素と考えられます。 また、着色の周辺には細菌の塊が硬く石灰化した「歯石」がたまっており、このまま放置すると虫歯や歯周病のリスクが高まります。 すでに歯石が原因と思われる歯ぐきの炎症も見られたため、早急に歯石の除去が必要と診断しました。 患者様は冷たいもので歯がしみる「知覚過敏」をお持ちで、「治療中にしみるのは嫌なので、しみない方法で着色や歯石を除去したい」とご希望でした。 治療内容 一般的に、歯石除去には超音波の力を利用した清掃器具「超音波スケーラー」を使い、着色除去にはジェット水流で専用パウダーを吹き付ける「エアフロー」を用います。 当院では知覚過敏がある患者様には、少しでもしみる症状を軽減できるよう、超音波スケーラーの中でも「メルサージュエピック2in1」、エアフローの機器では「エアフローワン」をおすすめしています。 メルサージュエピック2in1は放出する水の温度を温かく調節できるタイプで、エアフローワンも一般的なエアフローと比べて吹き付ける水の温度がやや高く、個人差はありますがどちらも施術中の知覚過敏を軽減する効果が期待できます。 これらを丁寧にお伝えしたところ「少しでもしみにくく、辛くない治療をしたい」とおっしゃられ、メルサージュエピック2in1での歯石除去とエアフローワンでの着色除去に同意いただきました。 最初に歯石をしっかり除去し、歯ぐきの炎症が治まったことを確認した後、上下前歯の裏側に付いていた着色を丁寧に除去しました。 治療回数 2回 費用 3,000円 治療後の状況 歯が本来の白さと輝きを取り戻し、清潔感のある健康的なお口になりました。 患者様にも「着色と歯石が綺麗に落とせ……

20代男性 歯石除去とパウダーを利用した着色除去で美しく健康的な歯を取り戻した症例…… [2024年02月07日]

                 

治療前 治療後 患者 20代男性 主訴 「歯の着色や汚れが気になる」とご相談いただきました。 診断 拝見したところ、上下の前歯の裏側に茶渋による着色や歯石が認められました。 着色や歯石を放置すると新たな汚れが蓄積しやすく、虫歯や歯周病のリスクも高まります。歯の健康を守るためにも、しっかりと清掃する必要があることを説明しました。 治療内容 歯石の除去と、専用のパウダーを用いて着色を取り除く「エアフロー」をご提案しました。 エアフローは自費診療となりますが、歯の表面を傷つけずに着色が除去でき、治療時間も短縮できる利点があります。 治療に同意いただいたうえで、超音波を利用した歯の清掃機「超音波スケーラー」を使用し歯石を丁寧に除去しました。 その後、エアフローで粒子の細かいパウダーを歯の表面に吹きつけ、頑固な着色をすみずみまで取り除きました。 治療回数 2回 費用 約5,000円 治療後の状況 白く輝く歯を取り戻し、虫歯や歯周病のリスクも低くなりました。 患者様にも「歯の汚れがずっと気になっていたが、なかなか歯科医院に来る機会がなかった。今回のクリーニングで歯が綺麗になって嬉しい」と大変お喜びいただきました。 美しく健康的な歯が維持できるよう、定期的な検診をお勧めし現在も通院いただいています。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です ・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、歯石の付着や虫歯が生じる可能性があります クリニックより 歯の着色は日々の食生活でも起こるため避けるのは難しいですが、歯科医院での定期的なメンテナンスで自然な白さをキープできます。 着色でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。 ……

60代男性 前歯の裏側に蓄積していた大量の歯石を超音波スケーラーで綺麗に取り除いた症例…… [2024年01月31日]

                 

治療前 治療後 患者 60代男性 主訴 「歯科検診で歯石が見つかったため、クリーニングで綺麗にしたい」とご相談いただきました。 今まで歯科医院に通ったことがない患者様で、市の歯科検診をきっかけにご来院されました。 診断 拝見したところ、細菌の塊が石灰化した「歯石」が下の前歯の歯と歯の隙間や歯茎の下に大量に付着しており、歯茎には炎症も見られました。 歯石を長期間放置すると歯茎の炎症が悪化して、歯を支える骨や組織が失われる「歯周病」を引き起こす可能性があるため、しっかり歯石を除去する必要があると診断しました。 治療内容 普段の歯磨きで歯石を取り除くことは難しいため、患者様のご希望に沿って、歯科医院でのクリーニングを行いました。 まず、超音波振動と水の力で歯石を粉砕する超音波スケーラー「キャビトロン」を使って、痛みが生じないように力加減を調整しながら丁寧に歯石を取り除いていきます。 その後、手動のスケーラーを使って残っていた歯石もしっかり取り除き、歯の表面をできるだけ滑らかに整えていきました。 また、綺麗で健康な状態を長く保っていただくために、正しい歯ブラシの使い方や磨き方のポイントなどご自宅でのケア方法もお伝えしました。 治療期間 1ヶ月から2ヶ月 費用 約5,000円 治療後の状況 歯と歯の間を塞いでいた歯石がしっかり取れ、歯にも艶が出たことで、清潔感のある口元になりました。 患者様も「以前は舌で触るとザラザラしていたが、クリーニング後はツルツルになり、口の中全体もすっきりして気持ち良い」と大変お喜びいただきました。 まだ歯茎下の歯石と炎症が見られるため、今後も患者様にホームケアを続けていただきながら、定期的にメンテナンスをしていく予定です。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です ・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、歯石の付着や虫歯が生じる可能性があります クリニックより 患者様のお口の中を丁寧に診察し、治療に必要な期間と回数についてご提……

6歳女の子 虫歯のリスクが高い乳歯に予防処置を行った症例…… [2024年01月23日]

                 

治療前 治療後 患者 6歳女の子 主訴 定期健診でお越しいただいている患者様の親御様から「子供の虫歯を予防したい」とご相談いただきました。 診断 患者様は全体的に歯磨きが良くできており、虫歯の原因となるプラークはほとんど見当たりませんでした。 ただし、右上奥歯(第2乳臼歯/E)については、噛み合わせの面の溝が深いため、歯ブラシが十分に当たりにくく、虫歯のリスクが高まっていました。 この歯は乳歯ですが、患者様の年齢を考慮すると、生え替わるのはしばらく先になります。まだ虫歯になっていない今の段階で虫歯予防処置が必要と診断しました。 治療内容 奥歯の溝をあらかじめ専用の材料で埋めることにより虫歯を予防する「シーラント」をご提案しました。 シーラントは白いプラスチック樹脂の材料を使用するため見た目も目立ちにくく、奥歯の溝にプラークが残るのを防ぎます。 親御様は「虫歯治療に力を入れたい」とのことで、処置に同意されました。 まずは右上奥歯の溝にプラークが残っていないかを丁寧に確認しました。今回の患者様は比較的歯がきれいでしたが、プラークが残っている場合は歯ブラシでしっかりと除去します。 次に、ロール状のコットンなどを歯の周りに敷き詰めて唾液が入らないようにし、歯の表面処理である「エッチング」を行った後、処置部を洗浄・乾燥させました。 その後、奥歯の溝にシーラント材を詰めて特殊な光で硬化させ、噛み合わせに問題がないかを確認して処置を完了しました。 治療回数 1回 費用 保険適用 医療福祉費支給制度の利用可能 治療後の状況 プラークが残りにくい奥歯になり、虫歯のリスクが軽減しました。 親御様には処置前と処置後の写真をご覧いただき、お子様の歯の変化を確認していただきました。 まもなく、奥歯の一番後ろに永久歯(第1大臼歯/6番)が生えてきますが、生えた直後の永久歯は歯質が弱いため虫歯になりやすく、第1大臼歯は歯ブラシも届きにくい部位です。 経過を観察し、親御様のご希望があればこちらにもシーラントを実施する予定です。 治療のリスク ・歯科治療に慣れていない小さなお子様の場合、施術が難しいことがあります ……

50代女性 マスクを着用してから目立つようになった着色をエアフローで除去し本来の白さと輝きを取り戻した症例…… [2024年01月16日]

                 

治療前 治療後 患者 50代女性 主訴 「コーヒーや紅茶をよく飲んでいるが、飲んでいるものや量は変わらないのに、急に歯の着色が目立つようになってきたため取ってほしい。最近寒くなってきたので再びマスクをつけ始めた」とご相談いただきました。 診断 拝見したところ、下の左右の前歯6本(中切歯/1番、側切歯/2番、犬歯/3番)の表面に濃い茶色の着色が見られ、口を開けると目立つ状態でした。 急に着色が現れた原因は、マスクの着用により口呼吸が増え唾液の分泌量が減少したことで、お口の中が乾燥して色素の沈着が加速した可能性があると考えられます。 また、歯と歯の間には磨き残しと細菌が合わさった「プラーク」が見られ、プラークが石灰化した「歯石」も付着していたため、歯茎が少し腫れていました。 治療内容 下の前歯の着色を取るために、専用パウダーを水と空気と一緒に吹きつけて歯の表面の着色汚れを取り除く「エアフロー」を提案しました。 エアフローには、歯の表面を傷つけることなく短時間で効果的に着色を取り除けるメリットがあるため、口を長く開けることに不安があった患者様にもご納得いただけました。 歯茎が腫れて歯石も付着している状態でエアフローを使用すると、出血や痛みが引き起こされる可能性があるため、まずは歯茎の炎症を取り除く必要があります。 日頃の歯磨きの仕方を確認した上で適切な歯ブラシの使い方と歯間ブラシの通し方をお伝えしてから、振動で効果的に汚れを除去する「超音波スケーラー」を用いてプラークや歯石を取り、歯茎の炎症がなくなるよう注力しました。 数週間後に歯茎の腫れが引いたため、口を開けた状態を維持する「開口器」を使用しながらエアフローで着色を除去しました。 治療回数 2回 費用 2,500円 治療後の状況 歯本来の白さと輝きを取り戻し、患者様には「一番目につく前歯の着色がなくなり、何も気にせず笑顔で話せるようになった!」と大変お喜びいただけています。 現在、着色が再度つかないように着色予防の歯磨き粉「ブリリアントモア」をご使用いただき、1ヶ月に1回のメンテナンスにご通院されています。 治療のリスク ・病状、症状……

50代女性 セルフケアの方法を見直して、でこぼこの前歯に残っていたプラークを綺麗にした症例…… [2023年12月20日]

                 

治療前 治療中 治療後 患者 50代女性 主訴 定期検診でご来院いただいた際に、磨き残しが多い箇所が認められました。 診断 患者様の左下前歯は「叢生(そうせい)」と呼ばれるでこぼこの歯並びで、歯が重なり合っている部分にプラークや歯石が付着していました。 プラークや歯石は細菌の塊のため、放置すると虫歯や歯周病を引き起こす恐れがあります。 また、叢生部位は歯と歯の隙間が狭く歯ブラシが届きにくいため、ご自宅でのケア方法を見直す必要がありました。 治療内容 まず、ご自宅で使用している歯の清掃道具を確認し、隙間が非常に狭い部分はデンタルフロスしか通らないことを説明しました。 デンタルフロスにはF字型やY字型の取手が付いているものもあります。しかし、このタイプは糸がピンと張っていて歯面に当てにくいため、手巻きタイプのデンタルフロスをおすすめし、具体的な当て方や動かし方をアドバイスしました。 やや広めの隙間に関しては、デンタルフロスよりもやや太いMサイズの歯間ブラシを使うことで、効率よくプラークを落とせることをお伝えしました。 また、歯石はプラークが硬く石灰化したものであり、ご自身のケアだけでは落とすことが難しくなります。そのため、専用の器具を用いて丁寧に除去していきました。 治療期間 1日 治療回数 1回 費用 保険適用 治療後の状況 清掃道具の使い方を意識するだけでプラークが綺麗に落ちることを患者様に実感していただき、「自宅でのケアを頑張りたい」とモチベーションの向上にもつながりました。 「こんな風に汚れが残っていてショックだった。しっかりケアできているか確認するために、定期検診の期間を短くしたい」とご希望いただきました。 今後も定期的にご来院いただき、歯の健康だけでなく歯磨きチェックも継続していきます。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です ・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、歯石の付着や虫歯が生じる可能性があります クリニックより……

11歳男の子 茶色く着色した子どもの歯を「エアフロー」を用いたクリーニングで綺麗にした症例…… [2023年12月08日]

                 

治療前 治療後 患者 11歳男の子 主訴 「子どもの歯が茶色く、歯ブラシで磨いても落ちない。虫歯になっているのではないかと心配」と親御様よりご相談いただきました。 診断 歯の色に関しては、虫歯ではなく着色と診断しました。 歯の着色の多くは飲食物由来の「ステイン」により引き起こされます。詳しくお伺いしたところ「普段からお茶をよく飲む」とのことで、着色の原因はお茶である可能性が高いと考えられました。 また、歯の表面には細菌の塊であるプラークや歯石が付着しており、その刺激で歯ぐきに炎症が生じて軽度の歯肉炎になっていました。 治療内容 診断結果を丁寧にお伝えした上で、まずは歯ぐきの炎症を抑えてから、歯の表面に専用のパウダーを吹き付ける「エアフロー」で着色を除去する治療をご提案しました。 エアフローは歯の表面を傷つけずに着色の除去ができ、痛みや治療時間の負担も少ないことがメリットです。 ご本人様と親御様に同意いただき、最初にプラークの付着や歯肉炎が起きている部位に対する歯ブラシの当て方を確認しました。 その後、硬く付着した歯石を専用の器具「超音波スケーラー」で綺麗に除去しました。 歯肉炎を改善するためには、正しい歯磨きを数日〜数週間継続する必要があります。後日再びご来院いただき、歯ぐきの炎症が落ち着いていることや、歯ブラシがしっかり当たっていることを確認してから、エアフローでの着色除去を実施しました。 治療回数 2~3回 費用 2,000〜3,000円 治療後の状況 歯が本来の輝きを取り戻し、歯ぐきも引きしまって健康的なお口になりました。 ご本人様からは「真っ白で綺麗な歯になってびっくり!」とお喜びのお言葉をいただき、親御様にも「歯ブラシで取れず心配だった汚れがこんなに綺麗になってすごい!お任せして良かった」と大変ご満足いただきました。 今後も3ヶ月に1回の定期的なメンテナンスを継続していく予定です。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です ・正しいブ……

40代女性 歯垢が石灰化した「歯石」を超音波振動の器械で除去して舌触りが良くなった症例…… [2023年11月21日]

                 

治療前 治療後 患者 40代女性 主訴 「歯石が付いてきて気になる」とご相談いただきました。 診断 拝見したところ、下左右の前歯2本(中切歯/1番)に歯垢が石灰化した「歯石」が付着していました。 歯石の表面は粗造で汚れや細菌が付着しやすく、放置しておくと歯周病や口臭が発生する原因になるため、歯石が増える前にしっかり除去することが大切です。 治療内容 歯石の付着は日々の歯磨きがしっかりできていないことが原因の一つです。そのため、普段からどのようにブラッシングをしているかを拝見し、正しい歯磨きの方法やデンタルフロスの使い方をお伝えしました。 歯石は歯垢と異なり、患者様のセルフケアで取ることができないため、超音波スケーラーを使って丁寧に歯石を除去していきます。 超音波スケーラーは、振動すると同時に水が出て、歯石を粉砕しながら水の力で汚れを洗い流します。 その力を利用して、歯と歯茎の境目の溝に溜まった歯垢も洗浄して掻き出すことができました。 治療回数 2回 費用 保険適応 治療後の状況 こびり付いていた歯石が除去され、「舌で触った時のザラザラ感がなくなり、口の中がすっきりした」とご満足いただけました。 現在、お口の中に問題はなく、定期的なメンテナンスにご通院されています。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です ・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、歯石の付着や虫歯が生じる可能性があります ……

30代男性 着色で汚れた歯を専用の機械でクリーニングしきれいになった症例…… [2023年11月21日]

                 

治療前 治療後 患者 30代男性 主訴 「マスクを取る機会が増えたので、前歯の着色が気になる」とご相談いただきました。 診断 拝見したところ、下の前歯を中心に歯の表面に茶色い着色が見られました。 患者様にお話を伺うと「コーヒーを飲むのが日課になっている」とのことで、着色しやすい飲み物を日常的に摂取していることが着色汚れの原因と診断しました。 治療内容 細かい粒子のパウダーを歯の表面に吹き付けて着色を取り除く「エアフロー」を行いました。 エアフローは歯を傷つけずに、短時間で広範囲の汚れを除去することができます。 着色だけでなく、歯が溶け出す「虫歯」や歯を支えている骨が減退する「歯周病」の原因となる細菌の塊「バイオフィルム」も除去することができるため、エアフローを行うことでお口全体の健康にも繋がります。 エアフローのパウダーが歯茎や唇に当たって傷がつかないように配慮しながら、丁寧に治療を進めました。 治療期間 1日 費用 2,000円 治療後の状況 着色がなくなり、清潔感のある口元になりました。 患者様にも「前歯がツルツルになり、マスクを取ることに抵抗がなくなった」と大変ご満足いただきました。 飲食物による着色は避けられないため、今後は定期的に歯のクリーニングにご来院いただく予定です。 治療のリスク ・病状、症状、患者様のお口の環境によって、複数回にわたる施術が必要となる場合があります。 ・治療が終わった後も、十分なセルフケアが必要です。 ・正しいブラッシングやメンテナンスを行わない場合、歯石の付着や虫歯が生じる可能性があります。 ……

40代女性「ホワイトニングしたいが、知覚過敏がある」黄ばんだ前歯を、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」で歯がしみるのを抑えながら自然な白さにした症例…… [2023年11月17日]

                 

治療前 治療後 患者 40代女性 主訴 「ホワイトニングに興味があり歯を白くしたいが、以前から知覚過敏の症状がある」とご相談いただきました。 診断 歯の色見本である「シェードガイド」で確認したところ、歯の白さは「A2」と僅かに黄ばみがある状態でした。 外部からの刺激により歯がしみる「知覚過敏(ちかくかびん)」については、主に奥歯に生じており、前歯に症状はありませんでした。ホワイトニングの術中や直後は特に知覚過敏の症状が強くなる場合がありますが、患者様はホワイトニングの実施を強くご希望されていました。 治療内容 専用のマウスピースと薬液を用いてご自宅で歯を白くする「ホームホワイトニング」をご提案しました。 ホワイトニングによる知覚過敏のリスクをしっかりとお話しし、ご納得いただいた上で治療を開始しました。まずは上下の歯の型取りを行い、ホームホワイトニング用のマウスピースを作製しました。 その後、完成したマウスピースとホワイトニング用の薬液を患者様にお渡しし、ホームホワイトニングの手順をご説明しました。 ホームホワイトニングを行う部位は、笑顔で口角が上がったときによく見える、前歯を中心とした上下20本の歯(右上下第2小臼歯/5番〜左上下第2小臼歯)を選択しました。 特に歯の根本の部分は色が濃いため、薬液がしっかり際まで行き渡るようご指導しました。 また、知覚過敏が生じるリスクが高かったため、先に知覚過敏を予防する処置を行い、ホワイトニング中に知覚過敏の症状が強くなった際の対処法も併せてお伝えしました。 治療回数 2〜3回 費用 30,000円 治療後の状況 色ムラがなく自然な白さの歯になり、シェードガイド上でもとても明るい「B1」の色味になりました。 知覚過敏もそこまで強い症状はなくホワイトニングを終えることができ、患者様にも「理想的な白さになって嬉しい」と大変ご満足いただきました。歯の白さと口腔内の良好な環境を維持できるよう、今後もメインテナンスを継続する予定です。 治療のリスク ・治療中、歯にしみるような痛みが出る場合があります ・得られる効果は歯の質により様々です。予定通りの白さに達……

« 前のページへ

PAGE TOP