お問い合わせ・ご予約

初めての方のお問い合わせ

050-7300-5969

その他のお問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|審美治療

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

審美治療

審美歯科はどんな時に必要?

審美歯科とは歯の審美に重点をおいて、歯の美しさを改善したり、取り戻したりすることを目標とする歯科治療です。
一般的な歯科治療では、保険で歯を治療する場合、機能回復が目的となるため、場合により見た目が悪くなってしまうことがあります。
審美歯科ではそのような場合に保険外の治療法を行うことで、機能的にも審美的にも満足のいく治療を受けることができます。
また、審美歯科には歯の美しさを高めるためのいろいろなメニューがあり、次のような場合に適しています。

銀歯が気になる時

銀歯が見えてコンプレックスになっている場合、審美歯科で白い詰め物をすることにより自然な美しさを取り戻すことができます。

自分の歯の色を白くしたい時

自分のもともとの歯の色が変色している場合、歯そのものを白くしたり、セラミックを貼り付けたりかぶせることにより、美しい歯にすることができます。

永く綺麗な歯を保ちたい時

保険の差し歯、詰め物は年月が経つにつれ変色したり、周囲の歯茎が黒く変色することがあります。
審美歯科では変色の起こらない材料を使い、ずっと綺麗な状態を保ち続けることができます。

審美歯科の代表のホワイトニング

ホワイトニングとは?

歯のホワイトニングは天然の歯を薬剤で漂白する治療法で、ブリーチングとも呼ばれます。
歯を削らずに、歯の色そのものを自然な白さにすることができるので、歯の白さが重要な位置を占めるアメリカではずいぶん前よりよく行われていましたが、最近は日本でも大変人気が出てきています。

どうやって歯を白くする?

過酸化水素や過酸化尿素と呼ばれる薬剤を歯の表面に作用させることで歯のエナメル質の着色成分を分解して白くしていきます。
回数を重ねるごとに徐々に白くしていき、希望の白さになった時点で止めることができます。

どんな種類がある?

ホワイトニングは大きく分けて、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で気軽に行えるホームホワイトニング2種類あります。
そして効果を高めるために両者を同時に行うデュアルホワイトニングという方法もあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、歯に薬剤を塗布して光やレーザーなどを当てて白くしていきます。
一度の施術で効果が高く、少ない回数で希望通りの白さにすることができます。

ホームホワイトニング

歯科医院で歯型を取り、マウスピースを作って、その部分に薬剤を入れて自宅で好きな時にホワイトニングをする、というものです。
効果はゆっくりで白くなるのに日数が必要ですが、より透明感のある仕上がりとなります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良さを掛け合わせて、より高い効果を出すために行うホワイトニング方法です。

審美歯科と言えば、白く美しいセラミックの詰め物被せ物

セラミックとは?

セラミックとは陶器の材料のことで、歯科では主に詰め物や被せ物の材料として最良の品質を誇ります。
特に最近人気のある「オールセラミック」は全てがセラミックでできており、透明感に優れているため、その透明感のある自然な仕上がりは本物の歯と見分けがつかないほどです。

セラミックと一般的な銀歯の違いは?

セラミックは材質が安定していて年数が経っても劣化することがありません。
そのためむし歯ができにくいという特徴があります。
また唾液中に溶け出したりすることもないので歯茎を変色させたり、アレルギーなどを起こすことがありません。
それに対し、保険で使われている銀歯は、年数が経つと劣化して変形し、隙間ができてむし歯ができやすかったり、金属イオンが唾液に溶け出して歯や歯茎を黒く変色させたり、金属アレルギーを起こすことがあります。

メタルボンドとは?

セラミックには「メタルボンド」と呼ばれるタイプのセラミックもあります。
これは金属の枠組みの上にセラミックが張りつけてあるもので、頑丈で力がかかる部位にも対応できますが、オールセラミックに比べて透明感は落ちます。
以前はセラミックといえばこのメタルボンドを指していましたが、最近はオールセラミックの品質も改良され、オールセラミックの人気が高まってきています。

ラミネートベニアとは?

ラミネートベニアとは、歯の形をした薄いセラミックのベニアを歯の表面に貼り付ける治療法です。
ベニアを貼り付けるために、薄く歯を削る必要があります。主に歯の変色があってホワイトニングで白くできない場合に行われます。

銀歯のメリット・デメリットを教えて

銀歯のメリットは

  • 保険で入れられるので安価
  • 金属なので頑丈
  • 厚みを確保するためにたくさん削らなくて済む

銀歯のデメリットは?

  • 金属色が目立つ
  • 劣化しやすく、二次カリエスを作りやすいため、結果的に歯が長持ちしない
  • 金属イオンが溶け出し、歯や歯茎を黒変させてしまうことがある
  • 金属アレルギーを起こすことがある

以上のことから考えて、銀歯と比べてセラミックのメリットを挙げると

  • 審美的
  • 二次カリエスを作りにくいのでセラミックも歯も長持ちする
  • 歯や歯茎を変色させない
  • 金属アレルギーを起こさない

というようなことが言えるでしょう。

どんな人にセラミックは向いている?

セラミックは一部の富裕層だけのもの?

セラミックは歯を美しくするための贅沢品でお金持ちが入れるものと思っている人もいるかもしれません。
確かに保険がききませんので値段が高くはなりますが、セラミックは単に見た目がきれいなだけが特徴の贅沢品ではなく、様々な長所を持っているため、次のような人にも最適な材料だと言えるでしょう。

こんな人にセラミックは向いている

  • 自然な仕上がりを望む人
  • できるだけ長持ちする材料を入れたい人
  • できるだけ歯の寿命を延ばしたい人
  • 体に優しい材料を望む人

セラミックを入れるとしたらどんな手順?

セラミックを入れる場合、どんな手順で治療が進められるのか気になる人もいることでしょう。
たとえば銀歯の詰め物が気になってセラミックに替える場合、セラミックインレーまたはセラミックアンレーへの交換ということになります。
インレーとアンレーは基本的に詰め物のことですが、インレーは小さめの詰め物で歯の山の部分までは覆わないもの、どこか一つでも歯の山の部分が覆われている場合にはアンレーと呼ばれます。

銀歯を外してセラミックインレーまたはセラミックアンレーになる場合の最も一般的な手順は次のようになります。

銀歯からセラミックインレー、セラミックアンレーに替える場合の手順

1日目

  • 銀歯を外す
    歯茎に麻酔をし、銀歯を外して内部にむし歯があれば取り除いていきます。
  • 形を整え、型取りをする
    形をきれいに整え、型を取ります。その後、歯には仮の封をします。

2日目

    約1週間後にセラミックインレーまたはアンレーが出来上がりますので、装着します。

このように、通常2回のステップで終了します。

審美歯科に関して気をつけること

審美歯科というのは様々な方法で私たちの歯を白く美しくしてくれるものです。
コンプレックスだった歯の色が明るくなったり、銀歯を白いものに変えるだけで、人生まで明るくなる、ということだってよくあります。
そのような観点でも、銀歯をセラミックにする、というような治療は健康の為に良く、まさに審美歯科の素晴らしい部分だと言えるでしょう。

しかし、審美歯科の中には、歯を美しく見せるために健康な歯をたくさん犠牲にしなければならない治療というのも多く存在します。
極端なものでは、たとえば歯並びを整えるために、健全な歯を大きく削り、神経を取ってかぶせる治療というようなものもあります。
このような治療は、歯列矯正とは違って歯並びを整えるのに期間がかからず、早く綺麗な歯並びを手に入れることはできますが、その後の歯の寿命を考えた場合、どれくらいもつだろうか?というような疑問が残ります。

削った歯は決して戻りません。
審美歯科に興味のある人は、歯を削るリスクなども十分に熟考した上で歯科医師と相談し、治療するかどうかを決めていくことをお勧めします。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約はこちら050-7300-5969

お電話でお問合せ04-7185-1235

                 
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00
※土曜日は14:30~17:00

メールでお問合せ

PAGE TOP