お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|自分にあったフロスをみつけよう!

なかむら歯科

お電話でのご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

月火水金土:9:00〜18:00

BLOG

自分にあったフロスをみつけよう! [2022年06月27日]

                 

こんにちは🙋‍♀️ 梅雨もあけて、本格的に暑くなってきましたね🌞🌈 個人的には高校野球予選が開幕すると、夏の始まりを感じて、わくわくするおしのです😂⚾️ ⁡ ⁡ ⁡ 6月は歯科予防月間✨ということもあり、たくさんの患者様が来院されていました🦷 ⁡ 検診で拝見させていただいて、驚いたのが歯ブラシ以外の清掃用具を使用している方で、指巻きフロスを使ってます!というお話を結構耳にします。 ⁡ 指巻きフロスは両手の指👆に巻いてお口のなかに入れて、歯と歯のあいだに通すので、なかなか難しいのですが、上手に使いこなせていて感心します🥺✨ ⁡ フロス初心者の方やお子様には指巻きフロスは扱いにくいので、ホルダータイプのフロスをご紹介しています💁‍♀️ ⁡ ⁡ ちなみにフロスにはさまざまな糸のタイプがあります。みなさんが使用しているフロスはどのような特徴があるのかご存知ですか😌? ⁡ ①ナイロン製 現在、最も主流なものです。 摩擦力が高く、汚れをしっかりかきだすことができます。 切れにくいですが、硬さがあるため、フロスに慣れてない人や、痛みに敏感な方は歯ぐきにあたったとき痛みを感じる場合があります。 ⁡ ②ポリエステル製 ナイロンよりやわらかいので、やさしくケアすることができます。フロスを通した時の痛みが苦手な方におすすめです。 力を入れすぎると切れやすいです。 ⁡ ③ポリエチレン製 細めで切れにくい丈夫な素材です。 歯並びの悪い方、歯間がせまい方におすすめです。 ⁡ ⁡ ちなみに、指巻きタイプのフロスではワックスの有無でも特徴があります。 ⁡ 〈ワックス有〉 滑りやすく、スムーズ✨ 歯間の狭い方や初めて指巻きタイプを使う方に おすすめです。 ⁡ 〈ワックス無〉 摩擦力が高く、清掃性に優れている✨ 滑りにくく歯間に通す際、手間がかかるので、指巻きタイプに慣れてきて、プラーク除去率を高めたい人向け……

歯ブラシを交換したのはいつですか? [2022年06月25日]

                 

こんにちは。歯科衛生士の斉藤です😄 梅雨の間の晴れ間が続き、過ごしやすい日ですね 明るい時間も長く1日が長く感じ気分も上がりますね!! 仕事終わった後もまだ明るいなんて幸せです💓   今日はタイトルにもある通り・・・歯ブラシの交換時期についてお話ししよう思います。 「歯ブラシを交換するタイミング」について考えたことはありますか? さてどれくらいの期間が良いでしょうか? 患者様にお話を聞くと『気づけば2ヶ月、3ヶ月、あれっ?最後に変えたのいつかな…?』、『家族が変えてるから分からないなぁ』などなど・・・中には1年近くお使いの方もいらしたりします。 意外と長く使っている方が多いです。 正解は1ヶ月です!! いかがですか? 1ヶ月使っていると毛先は写真のように広がってきているはずです。 毛先が広がってしまうと汚れの除去効果がグンと下がります。           毎日頑張って歯磨きしているのに実際は汚れが落ち切れていない可能性がございます。 しかも約4割も!! これは大きいですよね。 特に歯周病、虫歯リスクの高い方は4割も汚れが落とし切れなければ、悪化してしまう可能性もあります。             毛先が開いていなければ良いでしょう?🤔 と思われる方もいると思います!! お口の中には沢山の細菌がいるため、歯磨きにより歯ブラシの毛先にはたくさんの細菌が付いています。 なんと…1ヵ月使用した歯ブラシに細菌の数は約1億個も付着すると言われています。 細菌まみれな歯ブラシをお口の中に入れるのは抵抗ありますよね💦 衛生的にも交換をお勧めします🪥✨   中には月1本歯ブラシを交換するのは勿体無いと感じる方もいらっしゃると思います。 歯ブラシの値段は高くても200〜300円前後でだいたいは購入できます。 もちろん!!1ヶ月に300円前後の出費を高いと考えるかどうかはその人の価値観により異なるかもしれません。 12ヶ月(1年)……

ひどい肩こりと歯医者さんの関係? [2022年06月14日]

                 

全国的に梅雨入りが宣言され、天気が落ち着かない日々ですがいかがお過ごしでしょうか? 紫陽花が咲きはじめ、雨でも彩りを探す季節ですね。   今日は、最近相談の多い口が開けづらい、顎が痛い、歯ぎしりで舌が痛いという方に多く見られる共通する症状「肩こりがひどい」という事に関して、少しお話させていただきます。   まず、鎖骨のあたりを触ってつばを飲み込んでみてください。 ピクッと筋肉が動くのが伝わらないでしょうか? 私達の体は1つの動作を行うときでも、意外といろいろな部位の筋肉や神経を使っています。 口の中でそれが顕著なのは「飲み込み」の時です。例えば、上を向いて何か飲み込もうとするととても難しく、多くの場合はむせてしまいます。   その様に関係する事に「肩こり」と「歯ぎしり」の関係があります。 以前もブログで話した歯ぎしりですが、まず歯ぎしりにはいくつか種類があります。 その中でも、「食いしばり」と「舌を押し付ける(力を入れる)」タイプの歯ぎしりをしてしまう方は特に「ひどい肩こり」に悩まされるケースがあります。   そういった場合、鎖骨の後ろにある前斜角筋という首と肋骨をつなぐ筋肉か僧帽筋という首から背中に広くつながる筋肉が緊張し、硬くなっていることが多いです。   これらはマッサージなどで一時的に軽減はしますが、一時的に疲労している筋肉痛などと原因が違うため、すぐに元の様に硬く「肩こり」の状態に戻ってしまいます。   その為、当院ではスプリントというマウスピースを用いて、「食いしばり」や「舌を押し付ける(力を入れる)」タイプの歯ぎしりの軽減をするように、勧めております。 基本的に保険治療の範囲内です。   実際に歯科治療で肩こりのすべてが治るということはありません。 特に自分自身で実感することは「加齢による筋力の低下」や「運動不足による間接可動域の減少」があります。   年齢と共に健康でいることの難しさを日々実感しております。 一方で歯科医院として少しでもお読みの方の手助けが出来ればと考えます。   ご相談だけでもお待ちし……

インプラントも歯周病になるの?インプラントもだめになって抜くことがあるの?…… [2022年06月05日]

                 

こんにちは。院長の神山です。スキーシーズンも終わってしまいましたが、最近子供と一緒にトランポリンを習い始めました。集中して座り仕事が多いため体幹をしっかりさせないとなぁと思いつつもなかなか筋トレに気合いが入らないので、身体を動かして楽しめるトランポリンは楽しいですよ。   今日は少しインプラントに関係する話をしたいと思います。   最先端の治療法と思われている歯科用インプラントによる失った歯を噛めるようにする技術。 歯科用インプラントは、実は紀元前の大昔からあると言われています。 古代文明でも、人類は歯の代わりに石や貝殻を歯の形に成形してインプラントとして用い、歯の代用としてきました。 そんな古くからあるインプラントですが、現代のチタン製のインプラントとして製品化され初めて治療された方は、1965年に当時34歳のスウェーデン人男性でした。亡くなるまで42年間歯の代わりとして機能していたそうです。 このように上手く体に取り込まれ、機能を果たし、そしてメンテナンスが行われ続ければ歯のように機能させることができる優れた医療技術である事は間違いありません。 しかし、歯を失うようにインプラントも何らかの理由で失われるリスクを抱えています。 インプラントを失う大きな原因は二つあるといわれています。 一つは過剰な負荷、もう一つが細菌感染(インプラント周囲炎)です。 この2つをケアしていくことがメンテナンスでは大切なので、歯以上に歯科医院でメンテナンスしてもらう必要があります。また本人も自分の歯を失ったところですから、そこに関しては歯があったとき以上に気持ちを入れないとまた失うリスクが高いところであると言えます。 インプラントは歯と同じように噛めると言われていますが、残念ながら歯ではありません。 色々ある歯を補う技術(ブリッジや入れ歯)と同様、あくまでも義歯なのです。 インプラントと自分の歯で大きく違うのは歯根膜という歯と骨をつないでいる組織がない事です。また歯ぐきは歯と結合していますが、インプラントと歯ぐきは寄り添っているだけで歯のように強く結合していないのです。 インプラントによる治療は、条件が整えば、見た目や機能は歯のように再現が可能ですが、 生物学的には……

歯医者さんに行く時 [2022年05月27日]

                 

こんにちは☀️ 暖かい日が多くなってきましたね⭐️ 最近メダカ🐟をわけていただき飼い始めました😁 餌やりや水換えを子供と楽しみながら行っています😊 子供と一緒にメダカを眺めながら話をする時間が至福の時です😋 衛生士の窪田です🌼   今回のお話は歯医者さんに行く時に 気をつけていただきたいことをお話しようと思います! ①口紅をお控えください 口紅がついているとお口に触れた時お顔を汚してしまうかもしれません。 その際はスタッフがオフさせていただきます。 ご了承ください。 ②ネックレス、ピアス、ヘアピン等     首から上の金属類はなるべく     付けずにお越しください。 レントゲンを撮影する際、金属類が写ってしまい、レントゲンの診断を正しく行えない場合がございます。 予め外してからいらしていただけると幸いです。 ③女性の方は髪の毛の縛る位置にご注意ください 高い位置で束ねてしまうと、枕に当たって頭や首が痛く、辛いかもしれません。 低い位置で横に束ねることをおすすめいたします。 私たちは皆様のお口の健康を守るのがお仕事です。 皆様に不快なく診療を受けていただくためにも 以上の3点を気をつけていただけると幸いです。 宜しくお願い致します。……

悪天候で歯が痛む?? [2022年05月16日]

                 

こんにちは☀️ 歯科助手の平川です😉🎵 GWもあっという間に終わってしまい😭😢 もうすぐ梅雨の季節がやってきますね☔️ この梅雨の時期や台風の日に歯が痛くなった💦という経験はありませんか?? 今回は天気と歯の痛みの関係についてお話します✋❗️ 歯の中には歯髄腔と呼ばれる神経の通っている空洞があります。 悪天候によって気圧が下がると、急激な気圧の変化に対応できずに、内部から膨張しようという力が働き、神経が刺激されて痛みが生じることがあります。 これを「気圧性歯痛」といい、飛行機でも同様に生じるため「航空性歯痛」とも呼ばれます。 このような痛みが出やすい方の特徴は ◆虫歯や治療途中の歯がある ◆治療済みの歯がある ◆歯茎や根に膿がたまっている 方です。 不調のサインを見過ごさずに、少しでも痛みがあるときは我慢せずにすぐにご連絡ください!! このような不調のサインを見逃さない事が歯を残すためにとても大切です🍀 また健康な歯では、このような痛みが起こることはほとんどありません。 日頃から定期的に検診に通っていただき、健康な口腔内を保ちましょう😊✨……

はじめまして! [2022年05月09日]

                 

皆さんこんにちは! 4月からなかむら歯科の一員となりました歯科衛生士の岡部乃亜です( ˶'ᵕ'˶) アイドル、アニメが好きで休日はよくライブに行っています💜 色んなジャンルが好きなので何か好きなものがあれば教えてください🌷 皆様に安心して、「なかむら歯科に来て良かった!」と思っていただけるような衛生士になれるよう頑張ります💪🏻🔥 これからよろしくお願いします🌱……

お口の中に白い線 [2022年05月01日]

                 

こんにちは。歯科助手のならはしです。4月の初旬にペットのうさぎ🐇と手賀沼公園にうさんぽしてきました。 初うさんぽだったので、凄く緊張しましたがお互い楽しく⁉️うさんぽできたかなと思いました。ただリードが外れてしまってかなり焦りました😭野生にかえるとこでしたね🤣また5月にでも行きたいです。今度は桜🌸ではなく、ツツジが満開できれいでしょうね! さてタイトルの「お口の中に白い線」みなさんのお口の中は、どうですか?50才女性   診断 TCH(上下歯列接触癖)上下歯列接触癖がある人は無意識のうちに、歯を合わせています。そうすると、常に歯や歯槽骨が圧迫され続ける事で様々なトラブルが起きます。この癖がある人が歯周病になると歯のグラつきも早まり歯を🦷失う期間も短くなります。顎関節症になる危険性も高いので注意したいです。治し方としては、起きている時は意識して上の歯と下の歯を離します。就寝中は、難しいのでマウスピースをする事が効果的です。他にも原因があるかもしれませんので、一度来院して相談をおすすめします。一生自分の歯で🦷食べていくには生活習慣の改善が必要ですね。 ……

歯に付くネバッとした汚れってなに?-粘着性のプラーク-…… [2022年04月25日]

                 

みなさんこんにちは! 歯科衛生士のトイダがブログ担当させていただきます!   早速お口についてお話していこうと思います! みなさん歯を見たときに、黄色くネバッとした汚れが着いていたりすることないですか? その歯を舌で触ってみると、ネバっとしたり、ザラザラしていたりしませんか? それはいったいなんだろうという疑問について、お答えしていきたいと思います! まずこの図をみていただきたいです!↓ 汚れ出来るまでの流れです! このように、糖質を餌にして、水に溶けにくいグルカン(バイオフィルム)という物質をつくり、歯の表面に付着します。 このグルカンは粘着性がつよいので、さらに多くの細菌がくっつき合い、さらに大きな塊となり、プラークと進化し、さらに汚れが長い時間停滞すると、歯石に変わっていきます! 何が言いたいかと言いますと、このネバッとした、グルカン(バイオフィルム)が歯に着いていると、さらに汚れがたまっていくため、定期的な検診で、除去していくことかが、いかに歯を守る予防効果があるかということが、お分かりいただけるかと思います。 そのため当院では、クリーニングの最後にグルカン(バイオフィルム)を除去する、エアフローという機械を使い、クリーニングさせていただきたいことをお一人お一人お話させて頂いております。(自費になります) 今後今ある歯をどのように守っていくか考え考えるきっかけになればと思います! ☎️04-7185-1235……

意外と多い?歯ぎしり、食いしばり [2022年04月17日]

                 

歯科医師の北村です。 春らしく暖かくなってきたと思ったら、まだまだ冬の寒さも感じますね。 気温の変化で体調を崩しやすいのでお気をつけください。   皆様は朝起きた時に顎が痛かったり歯が浮いた感じがあったことはありませんか? それは寝ている間の「歯ぎしり、食いしばり」かもしれません。 上記の症状だけなら良いですが、そのまま放置すると歯のすり減り、顎の痛み、咬む時の痛み等の症状がおこります。   対処としては寝るときにマウスピースを入れることです。 マウスピースで歯を保護することにより歯のすり減りや力の分散を行います。   また、「歯ぎしり、食いしばり」は寝ているときだけではなく、起きているときにも注意しなくてはいけません。 全身の力を抜いてみてください、上下の歯は離れているはずです。 大多数の人は無意識に上下の歯をくっつけている状態が癖になっており、違和感として感じません。 それは「歯ぎしり、食いしばり」と変わりません。 今一度意識してみてください、意外とやっているかも…?   原因としては、睡眠の深さによると言われています。 睡眠が浅いと歯ぎしりが起こりやすくなります。 睡眠の質に大幅に関与するのはストレスです。 この新学期の時期はストレスを感じやすいのでお気を付けください。 気になる方は、歯科医師もしくは歯科衛生士にお聞きください。……

« 前のページへ

PAGE TOP