お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|フロスと歯ブラシ どっちが先?

なかむら歯科

お電話でのご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

月火水金土:9:00〜18:00

BLOG

フロスと歯ブラシ どっちが先? [2024年06月08日]

                 

こんにちは!衛生士の澤口です🌷 来週からはだんだん気温が上がってきて30°の日もあるみたいですね😵‍💫今年の夏も暑くなりそうです🎐.* 熱中症にはお気をつけくださいね😌 突然ですがみなさんはフロス、歯間ブラシと歯ブラシどっちを先にやっていますか?? よく患者様からもどっちを先にやった方がいいの?と聞かれることがあります。 答えは、、、 フロス、歯間ブラシが先の方がおすすめです! なぜかと言うと🤔 米国歯周病学会誌で『フロスは歯磨き前に行うことが最も効果的に歯垢を除去する理想的な順序である』という研究結果が報告されています。 2.先にフロスをした方がフッ素が残りやすいという研究結果に! 歯と歯の間に詰まった汚れをフロスや歯間ブラシで取り除いてから磨くことで歯ブラシにつけた歯磨き粉の有効成分(フッ素など)を歯間ブラシに行き渡らせることができます! また先に使用することでフロスをするのを忘れない、めんどくさくならないというメリットもあります🙄 日本人のフロス使用率はおよそ20%です😱 歯と歯の間は虫歯のリスクが高いです😵‍💫 フロス、歯間ブラシを使用して定期的に歯科検診に行くことで虫歯の予防、早期発見に繋がります!フロスや歯間ブラシには種類やサイズ、正しい使い方などありますのでお気軽にいつでもご相談ください! ほかのブログでもフロスの選び方をお話しているのでぜひ見てみてください💭 https://nakamurasika.jp/blog/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%92%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81/    ……

歯の豆知識 [2024年05月13日]

                 

こんにちは、井上です! 暑くなったかと思えば急に寒くなったりで、体調を崩されてはいませんか。 さて最近来院された方はお気づきと思いますが、なかむら歯科はただいま改装中でございます。 1F受付は広くなり、開放感のある感じに生まれ変わりました。   院内土足可になりましたので、靴のままお上がりください🙆‍♀️ 改装中も通常通り診療しております。 うるさかったり通路が狭かったり、今は外壁工事もしているため、院内が薄暗かったりとご迷惑をお掛けしてしまいます。 でも!完成を楽しみにしていてくださいね!   今日のブログは歯の豆知識です🦷 皆さんは歯の硬さがどれくらいなのか考えたことがありますか? 人の体の中で一番硬い部位だということはご存知の方も多いかと思います。 モース硬度という硬さの指標となる数字があるのですが、歯のエナメル質は7といわれています。 では身近なものに例えると、何と同じくらい、もしくは何より硬いでしょうか🤔 世界一硬い食べ物として、ギネスに認定されている鰹節が7〜8だそうです。 (歯は鰹節・・・笑) ちなみに人間の骨が4〜5、爪が2.5くらいと言われているので、歯がどれだけ硬いのかがよくわかると思います。 では、虫歯になった時に歯を削りますが、こんな硬い歯をどうやって削っているのでしょうか。 実は削る時にキーンと音がするタービンと呼ばれる機械は、1分間に30〜50万回も回転しています。 しかしそれだけでは歯は削れません。 秘密はその先についている、たった1cmちょっとのバーです✨ 実はあの先端にダイヤモンドの粉がびっしりついているから削れるのです。 ちなみにダイヤモンドのモース硬度は10です。 しかしそんな硬い歯も酸には勝てません。 いとも簡単に溶かされ、虫歯になってしまいます。 美味しいものをいつまでも自分の歯で食べられるよう、私たちもお手伝いしますがセルフケアも頑張りましょう☺️……

毎日しっかり歯磨きしているのになんで虫歯になるの??おとなむしば(根面う蝕)…… [2024年04月22日]

                 

こんにちは。なかむら歯科の影山です。 今年の『三春の滝桜』の写真をいただきました。 先日患者様から 「毎日しっかり歯磨きしているのに、なんで虫歯になるの?」 「定期的に歯科検診を受けているのに虫歯になるのはなんでですか?」 色々と原因が考えられるのですが、 一例として 歯茎が下がってしまい、歯の根が露出してしまうと 虫歯になってしまうことがあります。   歯の表面の白い部分(エネメル質)ではなく、 象牙色の部分(象牙質)が虫歯になっています。 象牙質はエナメル質と比べると柔らかく、虫歯になりやすいです。 虫歯予防のためには毎日のセルフケアと対策が非常に大事です。 また、定期検診で歯科衛生士にチェックしてもらうこともおすすめです。 その際に対策としてフッ素塗布をしてもらうとよりGood!!   歯科検診を受けて健康になりましょう。……

むし歯のようだけどむし歯じゃない?「エナメル質形成不全症」とは…… [2024年04月17日]

                 

こんにちは 【我孫子駅徒歩3分 なかむら歯科】 歯科医師の瀬谷です 歯の表面に、白色や茶色をした部分を見かけることがありますが、これはむし歯ではありません。歯が生えた直後から見られる生まれつきの変色です。    これは「エナメル質形成不全症」といって、歯の表面のエナメル質が生まれつきうまく作られず、変色や欠けがみられる状態です。エナメル質は歯の表面を構成している人体で最も硬い部分ですが、これが作られる過程で先天的に障害を受けると表面がくぼんだり象牙質が露出したりしてしまいます。乳歯にも永久歯にも見られ、その部分は歯の質が弱くなっています。 障害が軽い場合には、エナメル質に限局性の白斑や着色があるだけですが、障害が強くなると、エナメル質の表面に不規則な欠損を生じ、エナメル質の大部分が形成されないこともあります。 では、「エナメル質形成不全症」の原因は何でしょうか? 全身的な要因 胎児期に何らかの全身的障害(母体の栄養障害、病気、内分泌異常、感染、代謝異常、特定薬物の長期継続投与、ホルモン異常、ビタミン不足、など)で歯の形成、成長が一時的に阻害されることによりエナメル質形成不全が起こります。エナメル質形成不全が 全身的な原因による時は、1本だけではなく複数の歯に症状が出てくることが多いです。多くの場合,左右対称に現れると言われています。 局所的な要因 乳歯に外傷を受けた場合、乳歯のむし歯が大きく長期間化膿状態であった場合、後続する永久歯に影響が出てエナメル質形成不全がみられる事があります。1~2歯に限局し,左右対称に認められることは少ないです。 エナメル質形成不全で注意しなければならないのは、むし歯になりやすいということです。エナメル質がない部分は象牙質がむき出しの状態になっていますが、象牙質は柔らかい組織のため、むし歯になりやすく進行も早いです。 ただもし、「エナメル質形成不全症」という診断を受けても適切に予防していけば大丈夫です。毎日の適切なブラッシングと、歯科医院での定期的な高濃度フッ素塗布で十分に予防可能です。すでに歯が欠けている場合は、むし歯になっていなくてもプラスチックなどをつめて治療することがあります。 心当たりのある方はぜひ歯科医院での定期的な検診とメインテナンスをお受けくだ……

インプラントはいつまでもつの?どうすれば長持ちするの?…… [2024年04月02日]

                 

我孫子駅北口から徒歩3分のなかむら歯科の神山です。 日本口腔インプラント学会専門医の私から、よくある質問へのアドバイスを 最新の論文を交えて紹介させて頂こうと思います。   よくある質問の1つにインプラントってどれくらいもつの?です。 これに関しては明確な答えはありません。歯も大体みんな同じよう南敷に同じような歯が生えてきて、同じように食事や生活をしているのにもっている人もいれば、失う人もいます。 インプラントに関しては、歯と違って、問題を起こして歯を失った後に治療して作り上げるわけですから スタートラインから歯と違って条件が悪いところからのスタートになります。 (歯を失うような習慣、清掃状態、骨が少ない、歯ぐきが少ないなどなど) しかし、長期的におこなわれてきて、日々進歩していくインプラント治療です。 私がおこなったインプラント治療も長いもので20年近く経っています。 ほぼ全ての人が、ほとんど変わらず歯のように快適に食べたいものを食べて過ごせています。 わたし個人の想いとして、一緒に大変な思いをして回復した歯ですから 生涯とおして自分の歯とインプラントを使って食べられる楽しみを維持して欲しいと願っています。 失う人は悲しいでしょうけど、診ているそして手伝ったわたしたちも悲しいものです。   そこで、インプラントのメンテナンスと長持ちに関する2024年発表された最新の論文を紹介します。 インプラント周囲の組織を健全に保つためにはどのくらいの頻度でインプラント支持された歯を外して清掃するといいか? この論文では以下の様に結論づけています。 インプラント治療をおこなった患者さんにとって、インプラントにつないでいる義歯(特にフルアーチ、全体にわたる装置)を外して清掃することは、長期的にもたせるためにも重要である。 最低でも半年に一度の定期検診にて衛生士によるプロフェッショナルケアを受け、1年に一度は外して清掃することを検討するべきであると結論づけています。 また先に話したとおり、それぞれのインプラント治療を受ける患者さんは問題があって治療を受けるに至っていますから、 個別のメンテナンスプログラム、それぞれの方にあったメンテ……

歯医者さんデビュー!いつがおすすめ? [2024年04月01日]

                 

  4月になり暖かくなってきましたね☀️✨ 桜の季節になってきました🌸 ⁡ 入学式や入社式など新たなスタートをきる方も多くていらっしゃるとおもいます。 ⁡おめでとうございます☺️✨     ところでみなさんは自分の歯医者デビュー🦷🪥がいつだったか覚えていますか? ⁡ 歯医者さんデビューするのはいつがいいの? 赤ちゃんでも大丈夫? ⁡ 今日はそんな疑問にお答えしていきます!! ⁡ ⁡ 赤ちゃんの歯の生えはじめは6〜8ヶ月頃です。 結論から言うと、乳歯が生えはじめたら歯医者さんデビューしても大丈夫です🙆‍♀️♬ ⁡ お住まいの地域の乳児検診でたいてい1歳半頃と3歳頃に歯科検診があります。 個人差はありますが3歳頃には乳歯が全部で20本はえそろうので、この頃までには歯医者さんデビューするのがおすすめです☝️ ⁡ 歯医者さんデビューは、健康なお口の状態を維持するために重要な一歩です。 ですが初めての歯医者さんは不安や緊張を感じることがあるとおもいます😣💦 ⁡ 《歯医者さんデビューの重要性》 ♦お口の健康状態を把握するために定期的な歯科検診が必要 ♦早期発見早期治療により大切な歯を守ることができる ♦歯医者さんから正しいブラシ指導や虫歯の予防方法などそれぞれの年代にあわせての知識を教えてもらえる ♦早い段階から歯医者さんに慣れることができる ⁡ 《 歯医者さんデビューのステップ》 ⁡♦ 眠くならない時間帯、なるべく機嫌のよい時間に予約をとる ♦歯医者さんのマイナスイメージをつくらない、「ぴかぴかツルツルにしてもらおう!おいしくご飯が食べられるよ!」とお話しする ♦お子さんの成長にあわせて無理なく進める ♦お口のなかの状況によりその後は定期的なメインテナンス   &n……

下の前歯に歯石が溜まりやすい!溜まりにくくするポイントは?…… [2024年03月12日]

                 

こんにちは🌼 寒暖差が激しい日々が続きますがみなさんお身体大丈夫でしょうか?🥺 【我孫子駅徒歩5分 なかむら歯科】 歯科衛生士の窪田です😊   先日定期検診をしていく中でこんな患者様にお会いしました!   このお口の中をみてみなさんは何かに気づきましたでしょうか?   この患者様は矯正がをされていて、矯正が終わったあとに下の前歯が後戻りしないように保定といってワイヤーで固定しています。(下の写真の赤マル部分) その装置が着いているまわりや歯に歯石がほとんど付いていないではないですか😳!   下の前歯は元々唾液腺の開口部が近いこともあり、磨き残しが石灰化しやすくとても歯石が溜まりやすい場所です。 みなさんも、どんなに頑張っても下の前歯の裏側は歯石が付いちゃう!という方多いのではないでしょうか? 当院でブラッシングの確認はさせていただいておりますが、ご自身で工夫なさっていることがないか伺うと、ポイントとなることが3つありました!   ①鏡を使って歯が見える状態にしてブラッシングしている   ブラッシングをしていただく上で鏡を使っていただくことはとても重要です! "歯を見える状態"に出来るのに加え、"ブラシの向きや角度を確認する"ことが出来ます。 下の前歯を磨く時は下を向いて顎を引いて見える状態にして磨いているとの事でした!   ②タフトブラシを使用している 保定が付いているので普通のブラシでは綺麗にプラークを除去することが出来ません。 その為補助用具が必要になります。 そこで最適なのが細かいところをポイントでみがける "タフトブラシ"です! 先が三角形になっているのでその部分を"歯と歯ぐきのキワ"また"保定の周り"にあてて磨いていただけると綺麗にプラークが取れます。   ③歯と歯のくっついていて歯間ブラシが通らない部分はフロスを通している 上の写真の赤丸の部分は歯間ブラシは通らないので、もちろん歯石が溜まりやすくなります。 保定が付いているのでフロスを歯ぐきのキワまで通すことは出来ません。   ですが赤丸の部分のみフロ……

歯科衛生士がオススメする洗口液‼️…… [2024年03月02日]

                 

みなさんこんにちは✨ 【我孫子駅徒歩5分なかむら歯科】 歯科衛生士の大竹です‎🐶🤍 今回は『オススメの洗口液』をご紹介します! ところでみなさんは洗口液を使っていますか? 薬局に行ったら数多くの洗口液があって、どれを買えばいいのか悩みますよね🤔 せっかく使うのならば効果を発揮する洗口液を使いたいですよね!🎶 そこでみなさんにオススメしたいのが HABITPRO〔ハビットプロ〕でございます✨ こちらはモンダミンから出ている医薬部外品の洗口液です。 洗口液には医学部外品と化粧品という種類がありますが、有効成分が入っているものが医学部外品になります。 ハビットプロの特徴✨🦷 ⭐︎歯茎の腫れや炎症を防ぐ ⭐︎歯茎からの出血を防ぐ ⭐︎汚れを付きにくくする この3つが最大の特徴です!! まだまだ特徴はありますよ! 市販で売っている洗口液、刺激が強いのありませんか?お口をゆすいだ後、スースーしたりピリピリしたり、、、💧ハビットプロはノンアルコールで低刺激です!なので年齢問わずお子さまにも使いやすいものになってます!ご家族で使えますよ🏠 患者様に1日何回歯を磨くのか尋ねると、8割の方が1日2回でお昼は歯を磨くのが難しいという方が多いです。そんな歯ブラシが難しい時、忙しくて時間がない時、お口をゆすいだらスッキリしますし、口臭も防ぎます!🍃➕先ほど説明した効果も発揮しますよ! 歯だけではなく、お口の中には舌や粘膜に沢山の菌がいます。洗口液はお口全体をケアすることができます! 空気が乾燥する季節はお口の中も乾燥し、ウイルスが蔓延しやすくなり風邪が流行する季節です。 新型コロナウイルスやインフルエンザも流行っていますよね😵‍💫 「手洗い」「うがい」だけでなく、お口の中をケアするのも風邪予防のひとつです!   最後になりますが、日常のみなさま自身のケアが歯の寿命を長くしま……

認知症の原因はお口の中に・・・? [2024年02月19日]

                 

なかむら歯科の笹原です。 いきなりですが、認知症って怖いですよね。 誰しも認知症にはなりたくないですよね。 私もそう思います。 先日メガネをかけているにも関わらず、メガネが無いと探し始めた自分の行動を振り返ると認知症になるのではという不安でいっぱいです。 そんな折に、『なんで認知症になるんだろう?』と調べてみると色々出てきました。 遺伝的なもの?生活習慣?脳トレをしていないから?色々とあるかと思いますが・・・ 今回はお口の健康が認知症といかに関わるのかをこちらの研究とともに見ていきたいと思います。 読むのが面倒な方は結論だけでもどうぞ。     https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33518591/   こちらの文献をもとにお口と認知症との関連性を見てみましょう。 現在、世界中で約5,000万人の人が認知症を発症していると言われています。 高齢化が進む現在この数は、2050年までに1億5200万人に増加すると推定されているそうです。 最近では、口腔状態の悪化と認知機能の低下・認知症の発症との関連がだんだんとわかってきました。   認知症の要因として、脳血管疾患・糖尿病・うつ病などがありますが歯周病やその炎症に伴って脳血管疾患・糖尿病のリスクが増加したり、お口の中が健康的でないと社交的な場に行きにくくなり外出の頻度が減ることでうつ病のリスクが増加してしまいます。 (他にも、配偶者の有無、学歴、世帯年収、飲酒・喫煙歴、運動習慣等々あるみたいですね)   今回の研究では、お口の健康状態と認知症との関連を調べるために、認知症状ない約14,000人の65歳以上(平均年齢72.4歳)の男女を対象に2010年から2016年までの6年間、認知症状が発症していないかどうかを調べました。 結果としては、男性の26.6%と女性の24.9%が認知症状を発症しました。 この方々を調べると、嚥下困難・咀嚼機能の低下・ドライマウス・歯の喪失これらが認知症状の発生を高めてしまうわかりました。 その中でも、嚥下困難を起こしてしまうことで男性では8.8%、女性では7.7%の認……

取れてしまった詰め物、放置していませんか?…… [2024年02月13日]

                 

こんにちは☀️ 【我孫子駅徒歩5分なかむら歯科】助手の平川です☺️🎶 突然詰め物が取れてしまったとき、どうしていますか?? 痛みがないから、忙しいからと放置していませんか?? 今回は取れてしまったまま放っておいた際に、起きてしまう様々な悪影響についてお話します😌❗️ 取れてしまったまま放っておくと… ●虫歯になりやすくなる 詰め物は削られた部分を守る役割をしているため、 取れてしまった部分は傷口がむき出しになっている状態です。 歯を覆っている丈夫なエナメル質がないため、虫歯が進行しやすくなってしまいます。 ●歯が割れる、欠ける 取れてしまった状態の歯はもろく、かたいものを噛むと歯が割れてしまうことがあります。 そうなると詰め物を元に戻せなくなるだけでなく、新たなトラブルを引き起こしかねません。 ●歯肉がはれる 食べカスがつまりやすいため、細菌が繁殖して歯肉がはれて痛むことがあります。 他にも口臭の原因になったり、噛み合わせが悪くなる恐れがあります。 出来るだけ早めに歯医者へ連絡して、治療をしていただくことをオススメします✋✨ 早めにお越しいただければ、簡単な処置で済むかもしれません😉❗️ もし受診までに時間があいてしまう その際に注意すべきことは… ◆普段より入念に丁寧に歯磨きを行う ◆取れてしまった歯で噛まないようにする ◆熱い、冷たい飲食物を極力避ける ◆自分でつけ直さない 状態によっては、取れてしまった詰めものをそのままつけ直すことが出来ます🎶 捨てずにお持ちください🦷✨ 歯を健康に保つためにも、毎日の歯磨きなどのセルフケアに加えて、歯医者での定期的なクリーニングや検診にもぜひお越しください☺️🍀……

« 前のページへ

PAGE TOP