お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|30代女性「ブリッジが割れて奥歯が噛めない」親知らずを移植して治療した症例

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

30代女性「ブリッジが割れて奥歯が噛めない」親知らずを移植して治療した症例

治療前

左上奥歯のブリッジが折れた状態

側方

レントゲン・右上親知らずの形

右上親知らず 移植前矯正

治療中

移植時

移植の歯とレプリカ

治療後

移植後安定

レントゲン・移植した歯とブリッジ

左上セット

左上奥歯 予後2年安定

患者 30代女性
主訴 「ブリッジが割れてしまい、奥歯が噛めない」とのことでご相談いただきました。
もともとブリッジの支えになっている歯は神経のない失活歯で、そこに虫歯があったようですが、ご本人は感覚もなくブリッジが取れるまで気づかなかったようです。
診断 拝見したところ、奥歯にブリッジが入っていたようですが、外れてしまっていました。
支えになっていた歯は神経がなく、とても深い虫歯になっていました。
他の治療でインプラントを検討されており、ご予算の負担もなるべく下げることを考え、歯の移植での治療をご提案しました。
治療内容 今回、もともとブリッジを支えていた奥歯にはとても深い虫歯があり、どうしても残すことができませんでした。
そこで、反対側に親知らずが残っていたので、レプリカを作り移植位置を計画。その後奥歯に移植してブリッジを装着しました。
ブリッジにはジルコニアを採用し、十分な強度と見た目を確保しました。
再発のリスクを少しでも減らすためにも、汚れの付着や体への適合性の観点からも、ジルコニアが望ましいと判断しました。
治療期間 約半年
費用 約50万円(+税)
治療後の状況 現在は治療後のメンテンナンスに通院していただいています。
かみ合わせも違和感などなく、良好とのことです。
治療のリスク 神経をとった歯はもろくなり、破折のリスクが高まります。
残っている歯も管理が不十分な場合、虫歯になる可能性があります。
患者様の状態により、移植できない場合があります。

PAGE TOP