お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|60代女性 骨が足りずにインプラントを断られ、骨造成術を用いてインプラント治療をした症例

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

60代女性 骨が足りずにインプラントを断られ、骨造成術を用いてインプラント治療をした症例

術前

術中

術中

術中

術中

術後

術後

患者 60代女性
主訴 「奥歯が痛む」とのことでご相談いただきました。すでに他院でインプラント治療の相談をされていたようで、その際は骨が足りず治療できないと断られ、当院にご相談頂いたそうです。
診断 拝見したところ、左下奥歯を支えていた骨が大きく減ってしまっており、インプラントをするにもこのままでは支えられない状態でした。
患者さんは入れ歯以外をご希望をされており、インプラント治療を行うために前準備として骨造成術(GBR)を行う流れでご提案しました。
治療内容 大きく減ってしまっている左下奥歯付近の骨が、一番減ってしまっている部分で高さにして7mm、幅が8mmほど不足しており、インプラント治療を行うためには最低でも減ってしまっている分だけ再生する必要がありました。
そこで骨造成術を行い、骨を増やす治療を行いました。
これによりインプラントを入れた後に十分に支えられるだけの骨を確保することができます。また治療後に安全に噛んで頂く為には必要な処置でした。
その後、骨が落ち着いてから通常通りインプラント治療を行いました。
今回の治療では歯ぐきの修復も合わせて行っていますが、近年専門家の間でインプラント治療時に減ってしまっている歯ぐきをそのままにすることで、治療後に問題が起きるケースが指摘されています。
当院ではこれまでインプラント治療に伴い、歯ぐきの治療もあわせて計画してきましたが、インプラント治療を検討される際は歯ぐきの状態にもぜひ注意していただきたいと思います。
治療期間 約1年半
費用 約1,000,000円(税別)
治療後の状況 治療箇所もすっかり落ち着き、傷も目立たなくなりました。
痛みや違和感も特になく、予定通りに落ち着いていった印象です。
現在は定期的なメンテナンスで通院していただいており、今後も定期検診を通じて状態を観察していきます。
治療のリスク インプラント治療は外科的な処置を伴います。
GBRなどの骨造成術は術後に痛みや腫れを伴う可能性がありますが、一定の期間で落ち着きます。

PAGE TOP