お問い合わせ・ご予約

初めての方のお問い合わせ

050-7300-5969

その他のお問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|歯が溶けちゃう⁉︎酸蝕症とは..?

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

歯が溶けちゃう⁉︎酸蝕症とは..?

みなさん、こんにちは!

冬は毎朝布団からなかなか出られない
衛生士の押野です!

2018年になってもう1月ももう後半ですね!はやいですね!!

 

年末年始は忘年会、新年会で大好きなお酒を飲む機会が多く、お酒が強いわたしは長時間飲み続けていました、、笑

ちびちび飲み、だらだら食べは実はとても歯に負担をかけています!!

 

“酸蝕歯”という言葉をしっていますか?

 

ワイン、炭酸飲料、栄養ドリンク、かんきつ類、ドレッシングなど..酸性度の高い飲食物が原因で、歯が溶けてしまう症状のことです。
通常は唾液が酸を洗い流して中和するため、大きな問題は起きません。

しかし、高い酸性のものが長時間、または頻繁にお口のなかにあると、中和が間に合わなくなり、歯の表面が溶けていきます。

わたしたちが普段口にしているものは、酸性のものが多いです。
酸性・アルカリ性の度合いを示すpH値は、低いほど酸性度が高いです。お口の中が5.5以下になるとエナメル質が溶け始める、言われています。

スポーツをしているとき、頻繁に飲むスポーツドリンクや、健康のためにとお酢を飲んだり..実はエナメル質が溶けやすい、歯にとってはリスクの高い飲みものだったのです。

 

 

酸蝕歯を予防するためにも、酸性のもの口にした際には水やお茶をを飲んで中和する。
酸性の状態が長時間続かないように、だらだら食べをせず、時間を決めて食事をすることが大切です!!

 

最近インフルエンザが流行りはじめているようですね(´;ω;`)
基本のうがい手洗いをしっかりして、体調には気をつけましょうね!!

PAGE TOP