お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|新型コロナウィルスへの対策!唾液の力を活性化させよう。

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

新型コロナウィルスへの対策!唾液の力を活性化させよう。

こんにちは。桜がキレイな季節になってきました。

なかむら歯科の神山です。

今年も花粉に負けず、早朝眠気に負けず桜の写真を撮りにいきたいなと考えています。

 

全世界で猛威を振るい、毎日世界中のメディアで流れてくる新型コロナウイルス(COVID-19)の文字に悩まされ、不安を抱いている人も多いかと思います。

 

今日は、私たち歯科医療の世界から皆さんがすぐにできる対策をお伝えしたいと思います。

お伝えしたいことは2つ。

1.唾液の力でウイルス感染リスクをさげる

2.歯ブラシが防ぐウイルス感染リスク

新型コロナウイルスに対する感染予防に関して、まだエビデンスがありませんので確実なことは言えませんが

インフルエンザウイルスやコロナウイルスの仲間、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルス、MERS(中東呼吸器症候群)ウイルスなどは

歯周病菌などが出すプロテアーゼという酵素を介して、ウイルスが粘膜細胞に侵入しやすくなり感染が起こります。

新型コロナウイルスは前述のウイルスと表面性状が少しちがうようですが、唾液や口の中の環境が感染予防に役立つ可能性はあると専門家が言っています。

 

まずは

一つ目の、唾液の力

唾液の成分は99%が水分ですが、残る1%には100種類以上の成分があり、この中にウイルス感染リスクを下げてくれる抗ウイルス、抗菌作用を持つ免疫物質が含まれています。

 

唾液の中のIgA(免疫グロブリンA)という抗体が免疫物質の中で最も大切な役割を果たしています。これは唾液だけで無く、母乳、涙、鼻水の他腸の中にもあって口の中や腸の粘膜で病原菌に対して防御する役割を持っています。

 

唾液中のIgAが低下すると、呼吸器系の感染症にかかりやすい状態になります。そのためこのIgAがコロナウイルスの感染予防にも有効である可能性があるそうです。


そこで、IgA量を増やすにはどうしたらいいか!

◎ストレッチなどの軽い運動や有酸素運動が唾液中のIgA量を増やす

発酵食品(納豆やヨーグルト)、食物繊維の摂取

リラックスする(唾液腺は自律神経により支配されているため)

◎自分の歯(入れ歯でもOK)でよく噛む


 

参考:

「唾液の力」で新型コロナウイルスは抑制できる?

 

高齢者で唾液の分泌量が減ってきたら、唾液腺マッサージが効果的です。なかむら歯科には6人の衛生士がいます。

効果的な唾液腺マッサージのやり方を聞いてみて下さい!

試した方は皆、効果を実感していますよ。

 

次回は

歯ブラシが防ぐウイルス感染リスク

について詳しくお伝えします。

PAGE TOP