お問い合わせ・ご予約

初めての方のお問い合わせ

050-7300-5969

その他のお問い合わせ

04-7185-1235

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

我孫子駅より徒歩3分のなかむら歯科|口から食べる事の重要性

なかむら歯科
なかむら歯科へのお問い合わせ:04-7185-1235

口から食べる事の重要性

寒気も少しずつ緩みはじめましたが、皆様いかがお過ごしですか。
こんにちは、歯科医師の北村です。

 

私事のお話ですが。

一昨年12月に私の父に中咽頭癌という喉にできる癌が見つかりました。

治療は放射線治療と抗癌剤による化学療法だったのですが、喉に放射線を当てるため、簡単に言うと火傷の状態になります。そのため父は胃瘻というお腹の部分から胃にチューブをつなげて直接胃に液体状の食事を送っていました。

治療は本人曰く言葉で表せないほどの苦痛だったそうです。

私もよくお見舞いに行っていましたが日に日にやつれていく父親を目にしました。

そして、3~4カ月の入院を経て無事に退院することが出来ましたが、放射線治療の影響で口からの食事は全く出来ませんでした。

そこから1カ月は胃瘻から食事を取り入れていましたが、直接胃に物を入れる作業のため本人は苦痛でしかなかったとのことです。

その後、少しずつ食事をとり始めて行きました。しかし、これも治療の影響で「常に口が乾いた状態で飲み込めない」、「味が全く感じない」というのが本人の感想でした。

何とか工夫しながら食事を続けていき、自分が食べやすく味も感じやすいものを見つけ、食事が楽しみになったところ、周りからも目に見えて元気になっていくのが分かりました。

今では父は日常生活を以前の通りに送っています。

私はこの事を本人から聞き、また実際に見ることが出来て、口から食べることがいかに大切かというのが改めて教えられました。

 

健康上問題がない状態で日常生活を送れる期間のことを健康寿命と言います。

寿命がくる直前まで健康でいたいのは、誰もが願うことだと思います。

そのためには「何でも食べられる」ことが本当に大切です、そのために歯を守りましょう。

歯を失うには様々な理由があります。それを理解して、日常の食生活を見直すこと、歯磨きをしっかり行うことが重要となります。

定期健診に来ていただければ、歯のクリーニングや歯磨きが順調かどうかを確認し、今後予想されることを早期に発見、治療します。

不幸にも歯を多数喪失した患者様も、入れ歯やインプラント等の咀嚼能力を回復するための方法はありますが、自分の歯で何でも食べられることに勝るものはありません。

歯磨きも日常生活の一部で、自己流やながら磨きをされている方もいらっしゃると思います。今一度、歯磨きも歯を残すために必要なことと考え取り組んでいただけたらと思います。

一日でも多く健康寿命を延ばしていきましょう。

今からでも遅くないですよ!

PAGE TOP